2008年10月10日

分布図

先月、大阪市自然史博物館へ行った時の事。

館内の標本展示コーナーの中に、関西の山々のクワガタ垂直分布図
なるものが掲げられてました。

その時は全く気がつかなかったんですが、自宅に戻ってから撮った
写真を見て、あれ?

eria.JPG

この分布図だと、標高150〜300mでしか採集できない事になる。
関西の有名オオクワ産地の三草山では、生息していないという事になるのか?

よくよく考えてみると・・・

どんなに標高の高い山でも、裾野は存在しているのだから
裾野の里山付近に良い環境があれば、分布してる訳だ。

この分布図が間違ってる訳じゃないな。



posted by なにわ at 17:54| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。