2005年04月11日

ブリードセット

うちのオオクワブリードセット。

ケースはコバシャ小、中サイズを使用。
マットはケース底に2センチぐらい。
その上に材を転がす。マットには埋めない。
あとは交尾済♀とゼリーを5個程ほり込む。

1週間毎に産卵材を45°づつ回転させるだけ。
材の底面をよく囓ってるので産卵の偏りを減らす為です。

えー、これがうちの基本ブリードセット。

自然界でも立ち枯れ樹に産むのであれば、材をあえて
埋める必要はなかろう。と思ってます。
埋込んだセットは乾燥しづらいのが良いんだが
産んだかどうか?はた目で解りづらいのが難点。
これだと囓った跡がよく見える。


ムシモンもこのセットで組んでたんだから・・・産むわけないわな。


posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。