2010年02月04日

親知らず

歯科クリニックに掛かりだして、早四ヶ月。

日本の医療制度自体はすばらしいんだけど
やっぱ3割負担は家計に厳しいっスねぇ。
毎月、福沢さんが飛んでいってますよ。トホホ

で、昨日、親知らずを1本抜歯してきた。

生え方に問題はないんだけど、虫歯になってますねぇとお医者さん。
レントゲン見せられても、素人じゃマジで虫歯かどうかなんて
よくわかりまへん。
先生が抜いた方がいいって言うもので痛みのないうちに抜いちゃえ〜
って感じ。


だって・・・男の子だもん。


麻酔を打ってから数分放置。

「今から抜きますねぇ、痛かったら左手挙げてください」

かなり体に力が入ってるのが自分自身よくわかる。
左手を挙げやすい位置にポジションとって準備OKだ。

『さぁ、来るならこい!』


ぐギュィィイイイ〜メリメリッ!!

ピキッ!ベキベキ・・・グリッ!ゴリゴリ・・・

グイィイ・・・ペキッ!!

あう、あう、歯を引っ張ってる感覚が頭蓋骨に直結だわ。

もろ骨伝導システムで脳みそ響いちゃってますがな。

おいおい、力任せに歯引っ張りすぎ。

ピキッ!ベキッベキベキ・・・ゴリゴリ・・・ペキッ!


「はい、抜けましたので止血しますね」


抜歯に費やした時間は約15分程度。

医学の進歩なのか、器具の発達なのか?はたまた、先生の腕によるものなのか?

痛みナシで、無事に親知らずの抜歯に成功。

すばらしい。パチパチ


麻酔が切れてから少しズキズキしましたが、今日で丸1日経過。

腫れる事もなく、処方された痛止めのロキソニンを服用すること無く

おだやかな1日を過ごせてます。

これで親知らずが残り2本になっちゃった。

近未来の歯の再生医療の為に、この2本は死守するつもり。




posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 生々流転 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。