2004年01月13日

100均

今日も仕事中に100均SHOPへ。

ミニプラケ2個100円を発見!

20040113.jpg

これ昨年の夏頃に店頭から消えてしまって探してたケースなんです。
蓋フック部分が開いており、空気穴を開ける必要もなく成虫管理に
便利なんですね。

大人買い。ウフッ


posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年12月31日

ガタ納め

年末の最終日までガタ世話です。

嫁の機嫌が悪いのも納得できるけど・・・(-_-)

気になってたインターメディア幼虫の確認作業。
マット飼育で既にマットは粘土状態。

そういえば4ヶ月前だっけ?マット交換したのは?
改めて見ると、すべて前蛹状態でした。
もうこのまま放置決定じゃ。

ペレンメタリフェルWWのマット交換も実施。
250プリカにセットしていたが400PPへ衣換えです。
1頭落ちてましたが、とりあえず4g〜9gまでの状態。
あ、♀は蛹になってた。

スマトラヒラタ幼虫もマット交換。
スマトラは昨年は50頭ほど回収したが、まとめ飼いしてて
全滅させてしまった、いわくつきの種である。
今回は初令から個別飼育で8頭だけブリードします。

これで気になっていたガタもすべて確認できました。
さぁ正月はガタ世話不要だぁ〜のんびりするぞぉ〜(^_^)v

これはこれで、ちとさびしい。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年12月20日

ガタ費(2003年度版)

早いもので今年も終わりですね。

さて今年、ガタにいくら小遣いを使ったのか?
昨年より詳しく集計してみた。

合計¥296,437/年

あれ?
年間20万円以内で済む計画だったんだが
どこでどう間違えたのか?

まだ初期投資が必要だったという事だろうか。
う〜ん!?生体買いすぎたかも?

しかし・・・これバレるとやばいなぁ・・・
来年から未公表になるかもしれない。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年09月05日

採集

採集にいってきたが、こうゆう木を見ると
材割採集はやめよう、という気持ちになる。

20030905.jpg
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年08月12日

奈良○オよりおもろい

西日本こんちゅう社からの広告メール
ちとワラタのでご紹介。

ここは菌糸PPの容器がいいんだよ。という事で、このポイントを
アピールしているんです。
厚みのあるPPでブロー容器のようにペコペコすることがない。
次のようなお悩みをお持ちのブリーダー様に特にお薦めらしい。

・ラックいっぱいに天井近くまで菌糸瓶を並べているが
 蛹のダンスによる振動で、頭の上からガラスの菌糸瓶が
 落ちてきたらどうしようと思うと、夜も安心して眠れない。

・使用済みのガラス瓶を洗っていたところ手がはまってしまい
 毎日、右手に瓶を付けたまま通勤している。
 円筒形のため、瓶に手がはまって抜けなくなることはありません。

・握力があるお客様に・・・。
 「ブロー容器入り菌糸瓶で蛹室内に大きな蛹を発見して興奮し
 思わず容器を握りつぶしてしまった」こうした事故も防げます。

・長年にわたるガラス菌糸瓶入り幼虫の世話で、右腕の筋肉痛と
 腰痛が併発。医師から「しばらく菌糸瓶は持たないように」と注意された。

奈良オオニュースのネタよりわらえた(^o^)
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年08月03日

○ビデオ販売か?

某菌糸瓶の到着日。

注文は2ケースだけで約1万円の代引便。

予定の時間通り、荷物は到着したのですが・・・

代引代金が な・な・なんと¥54,525-!!
注文通りの2ケースで、数は合っているです。

とりあえず、のけぞってぶったまげてみました。

『えーっ うそやん うそやん』

とりあえず受取拒否扱いにし、発送元から連絡があるまで
保管してもらうよう運送屋に依頼し、すぐに業者に連絡を
とりました。

ほどなく記載間違いと判明して代引金額の修正依頼を運送会社へ
連絡してもらい、無事受領できたんですが
あこぎな○ビデオ通販の様な体験だったなぁ。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年07月09日

かぶと盗難

ニュースで、カブトムシが盗まれたと。

900匹で被害総額は27万。

1頭300円計算かぁ。
1日1個のゼリー代考えると1ヶ月で赤字だな。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年06月24日

ナイス蚊っち

ナイス蚊っちをドラッグストアで発見。

ダブルになってるやつが580円だったので即買い。

会社のロッカーに隠している菌瓶からコバエがぶーん。

破れたタイベスト紙から事務所内に出撃してるんです。

デスクの上にはナイス蚊っち!

これでコバエ対策は完璧さ。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年06月06日

初コバエ

家ではまだ発見していないのですが
最近、会社でコバエ数匹発見しました。


ロッカーに隠しているマットから発生しているみたい。


やばいなぁ。
ロッカー飼育がばれちゃう。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年06月02日

外食ツアーか・・・

また脱走です。

4月に羽化したオオクワ♀が5日前から脱走中。
嫁より先に見つければ問題ない。と内緒にしてたのに

昨日夜中の2時頃の出来事。

嫁な人の”ぎゃぁあ〜”という叫びで飛び起きました。
今回も第一発見者は嫁です。

♀が廊下をノソノソ歩いてました・・・。
なぜ俺が第一発見者になれないのか?
世の中うまくいかないものです。

今度、脱走してたら生ゴミと一緒に全部捨ててやる。
と嫁な人は息巻いています。

あーぁ。
週末はわたすの小遣いで外食ツアーにご招待です。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年04月02日

風邪?

温室の掃除と10ブロック制覇に命賭けた。

いやぁ〜楽しい休日を過ごせたんですが、翌日から何故か?
くしゃみがでるんです。

花粉症かな?と思っていたのですが風邪みたいな症状。

年度末の決算でチョー忙しい中、休む訳にもいかず
微熱状態のままリーマン生活をおくっちょりました。

菌糸の胞子を長時間吸い込むと、気管支炎と同じ症状がでる
という話を聞いたが、それか?

posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年03月25日

プレクイズ

あるサイトで、菌糸プレス機プレゼントクイズがある。

クイズの回答はわかったが、応募するかどうか悩んでいる。
頭の中でシュミレーションしてみた。

・菌糸プレス機に応募する
   ↓
・当選する
   ↓
・届く
   ↓
・うれしい(^^)
   ↓
・詰めたい病が発病するわな
   ↓
・6ブロック程まとめ買いするなぁ
   ↓
・週末は菌糸詰め作業に没頭する事になるやん
   ↓
・2週間後には使用可能になるだろ
   ↓
あ、うちのニョロがほとんど蛹か蛹化中だ。
とそこで気づく。何を入れるんだ?と悩む。
   ↓
結局 菌糸瓶つかうためにまたニョロ買っちゃう・・・

副産物として嫁な人がご機嫌ななめになるという
おまけまで付いてくる!

結論・・・
応募しないほうがいい。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年03月21日

醍醐味は?

どうやらワタシは、ガタを飼うことや増やす事が
最終目的じゃないみたい。

もちろんブリードで幼虫発見したら、うれしい。
ボウズは悲しい。
材割って幼虫がポロポロ採れると、『うおぉー(^^)』の雄叫びです。

しかし、それは飼育過程を楽しんだ副産物というか結果であって
菌糸詰めたり、マット交換などの作業自体が楽しいんだ。
と最近気がついた。

菌糸再生中は眺めながら次回はいつ頃詰めようか?
妄想に耽ってます(^_^;)


これって他人からは大馬鹿野郎にしか見えないんだろうけど
ホント現実逃避の癒し系という言葉がピッタリだと思う。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年03月07日

カブマット

えー、あのビートルマット。

結局1ヶ月以上、空気にさらしてました。

情報通り、あの臭いは完全に消えた。
これでカブ飼育も少しやる気がでてきた。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年02月18日

調味料入れ

パプキン成虫のシイク用として、100均で塩やコショウ用
の調味料入れを大量購入。

サイズは小ぶりだし空気穴も開いてるし。
結構綺麗でスタイリッシュだ!

さぁ君もスタイリッシュシイクに挑戦だ!!
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年02月11日

発酵臭

カブトマットの臭いは発酵臭ではないか?
というご指摘頂きました。

ありがとうございます。

再度匂いを確認しました(うぇ〜(T_T))
ギューフンの匂いがどうも勝って気がします。

ご使用時の注意として臭いは添加剤の臭いで1日乾かせば
臭いはなくなる。と記載あり。

ネットで調べたら開封後ガス抜きをすれば異臭はなくなる。
夏場は約7日、冬場で約10日間の天日干しで甘い黒砂糖
の臭いになるそうな。

果たして甘い匂いに変わってくれるのか?
今朝バルコニーの隅にマットを広げました。



あ、嫁な人が睨んでる・・・
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年02月03日

カブマット

ヘラヘラニョロ用にビートルマット購入。
(奈良○○で。)

で、開けてびっくり!
ほのかに漂うというよりもろきました。それも目に!

この匂い・・・もろギューフン。
雑虫撲滅の為、いつものお約束でレンジでチン。
すさまじい状況になる事は予想していたが・・・
ホント恐ろしい匂いが拡散中〜。

そして目がぁぁああああああああああああああああああああああ

たまりまへんなぁ。

ヘラヘラよ。
こんなものがいいのか?好きなのか?
俺は好きになれんぞ。蛹はミミズの匂いという話も聞くし・・・・

こりゃシイク続けるか再考だな。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年01月21日

ケーフン

ケーフン入手できそうです。
ハンズから取寄中と連絡がありました。むふふっ。


今日は奈良でお仕事。
奈良○○覗いたら、今年第2弾のキャンペーン開始中。
買うつもりなかったのに・・・結局、ブロックやマット購入。

福引きは1番のりでしたが5等のステッカーでした。
とほほ。

えー、少し情報リーク。
今回のチラシのダジャレは・・・控えめでしたよ(^^;)

店内でニジイロ発見しました。
虹色に輝く蛹も虹色に輝いているらしい。
ああっ〜萌え〜萌え〜ですなぁ〜。
たぶん数週間以内にゲットしてる自分が想像できます。

ローゼンも購入したばかりなのに・・・
ニジイロも絶対買っちゃうんだよなぁ〜。

こうしてどんどん増殖していくのか・・・

へへへっ
ガタシイクやめられまへんなぁ。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年01月18日

バットグアノ

乾燥ケーフンを飼いに東急ハンズ心斎橋店に突撃。

しかし残念ながらケーフンはナッシング。
店員に聞いても置いていないとの事。
渋谷店にある事を説明すると取寄せ可能か?調べて頂けることに。

手ぶらで帰るのもなんだかなぁ〜と物色していると
バットグアノなる有機肥料を発見。

インドネシア共和国の姫コウモリの糞。
保証成分:窒素8.08%、リン4.27%、カリ1.75%
120円/15gでしたのでとりあえず購入してみました。

メタリ幼虫のマットに混ぜて使ってみるか。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2003年01月06日

仕事始め

とうとう休みも終わり仕事モード開始。

とは言っても電話も少なく、おだやかでした。

挨拶回りの途中の100均でタッパーケース発見。
ガタSHOPで¥300で売ってるやつ。
こりゃお得と店頭展示していた13個すべて即買い。

あ、仕事中なのにどうやって持って帰ろ(^^;)
重ねられないので結構なサイズの荷物だ。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2002年12月31日

ガタ費(2002年度版)

ガタ飼育を始めてから約半年。

ガタにどれくらい小遣いを使ったのか集計してみた。
細かいものは忘れてしまっているけど。

合計約¥90,000-/半年

年間20万円程かかる趣味って事だなぁ。
安いのか?高いのか?まだわからんが、何をするにも
初期投資は必要だ。
来年はこんなに使う事はないだろ。

とにかく来年は、もう少しきっちり集計しようと思う。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2002年12月28日

マシンクワガタ

マシンクワガタ

クワカブサイトの中で私のお気に入りの一押しサイトであります。

スタイリッシュに飼育するっちゅー目的のサイトでデザインもよく
文章も楽しく毎日覗いてしまいます。

夏頃から見てたので、かれこれ半年ぐらいロムってる事になるか。

どうやら管理人は若人の様なんですが、尊敬の羨望で眺めてます。

私信送ってみようかな?BBSにカキコしてみようかな?
ドキドキ。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2002年11月26日

なぜ?虫?その3

かなり脱線しちゃってますが、もうしばらくおつきあいください。

生田君は嘘つきですが、とーてもやさしい友達でした。
夏休みに突然、100頭のカブト虫をもって我が家にきたんだ。
小学生が5キロも離れた坂ばかりの山道を。

先日の出来事も悪かったなぁと思ってたんだよね。
いいヤツだよ。生田くん。
ありがとなー。生田くん。

ここから、ようやく本題です。(いやぁ長かったなぁ)
プラケサイズでは、とても飼育できる数じゃありません。
この時代ビタもないし、ガタ屋もないし。
結局、衣装ケース2個でカブトムシ飼育を始めました。

夏の終わりには幼虫もしっかり採れ、最終的に300頭以上の
幼虫が衣装ケースの中でウヨウヨしてました。
腐葉土を追加したり、糞を取り除いたり。

幼虫も三令になった頃、黒アリがケース内にいるのを発見。
これが、見るたびに増えていくんです。
エサのバナナやスイカの汁がマットに残ってたのか?
☆幼虫を運んでるのか?
原因はわかりませんが、子供心に何とかせねば幼虫が食われちゃう。


不安で、心配気にケースを覗いてる私に
近所のオバチャンが一言。

『アリがいっぱいだね。アリ退治にはこれが一番よ』

と、スプレー缶を持ってきてくれました。
神様のように御光が差してましたよ。
微笑むオバチャンの顔、うれしそうな私の満面の笑顔。
見つめ合う二人・・・美談です。泣けますね。
今は引っ越しして近所に住んでませんが、今でも覚えてます。
『稲葉さ〜ん。お元気ですかぁ〜』

早速、黒アリを退治しようと毎日、毎日
マットに向かってシュー!シュー!シュー!
マットをかき混ぜシュー!シュー!シュー!

一週間も経ったらアリは全滅しました。
アリ退治は大成功。


でも・・・幼虫も全滅してました(T_T)。


幼虫はすべて黒くブヨブヨになって・・・
そのブヨブヨ☆幼虫の臭いことったらありゃしない。

アリ用と書いていたけど、マットに殺虫剤を撒いたから
当然といえば当然の結果だよな。
なぜ?あの時に気が付かなかったのだろう。
殺虫剤は虫すべてを殺すものだと。子供ってバカだよな。

俺が殺してしまったんだと恐ろしくなりましてね。
親にも自分が幼虫を殺したんだ。と言えず、いや、稲葉さん
のせいだ!と言えず・・・

それ以来、クワカブを飼育する事はありませんでした。
私の心に強烈に残ってるクワカブ飼育の思い出です。

<結論>
いい年こいた大人が、虫を飼育しているのは
当時の罪悪感を払拭させる罪滅ぼしみたいなものなのだ。

続きを読む
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2002年11月24日

なぜ?虫?その2

夏はもちろんクワカブシーズンですよね。
毎日、朝のラジオ体操前と、晩飯後には灯火採取してました。

ほとんどカブトムシとコクワだけしか採れませんでしたけど
一度だけ巨大ヒラタクワガタ♂を採った時は、狂喜乱舞。
記憶では10p以上あった筈。
・・・いやホントに。

オオクワはもちろん、ミヤマもノコも採集した事はなく
いわゆる学研の昆虫図鑑の中だけの憧れの昆虫でした。

そういえば当時はスーパーカーブームだったよなぁ
俺はカウンタック派。思い出すと懐かしくて涙がでてくるな。

あ、脱線、脱線
当時コクワが越冬するという事も昆虫図鑑で知りました。
確かこんな絵が載ってましてね。

emory1.JPG

間にクワガタを入れて紐で縛っておくと越冬するよって。
これで越冬するなら・・・来年もコイツと会えるならと、真似て
挑戦したんですが、春には死んでましたわ。

今思えば、餓死だったんでしょうな。
つーか、昆虫図鑑も残酷だよね。
当時の情報なんてこんなもの。もう30年ぐらい前だもん。

小学生も中高学年ぐらいになると自転車で遠方まで
遊びに行くようになり行動範囲が広がります。

山奥に住んでる(言い過ぎだな。ごめんね)生田君という
クラスメイトがいたんですが、家の近所にカブトがたくさん
採れる場所がある。ホタルも見れるんだぞ。と自慢するので
遊びに行ったんですね。
家から5キロの距離といえど、子供にとっては一種の冒険旅行

そして、結果は坊主・・・

落胆した気分で帰路の5キロが辛くてね。
そして、子供はとても残酷。
生田君も学校で嘘つきと呼ばれたくなかったのだろう。

『カブト幼虫がぎょーさんいるとこ見つけた。
 一緒に行こう。今度はホンマやで』
 
行かない訳がない。またもや友達3人と冒険旅行。

到着したトコは日当たりの良い里山って感じの山の中。
木枠のようなものに囲まれた一画に腐葉土がてんこ盛り。

生田君の汚名挽回のチャンス!!

ええ、タコ採れしました。生田君も得意げでしたね。
持参したビニール袋にはマットも入れず、三令幼虫だけ
詰めて詰めて、あふれんばかりの幼虫の数・・・
今、思えば、これはこれで気持ち悪いなぁ〜。
ズボンのポッケにまで幼虫を詰め込んでましたから(笑

幸せな時間は長くは続きません。

『こらー!何しとるんじゃぁあああ〜』

怖い顔した農作業風のオヂサンが怒鳴り込んできたのよ。
驚きと、ズボンのポッケに詰め込んだ幼虫がパンパンで
逃げることができず、あえなく御用。

オヂサンのカブト養殖場所だったんだね。
今思えば、木枠があった時点で気がつくと思うんだけど
子供って、やっぱバカなんだね。

『オジサンがカブトを育ててる場所だ。捕ったらあかん』

集めた幼虫は、すべて奪われてしましました。
いえ、取り上げられてしまいました。
あ、違う。お返し致しました。


ポッケの幼虫だけは、ばれずにお持ち帰りしました(^_-)
子供の言うことは信じちゃいけませんな。

>つづく
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2002年11月23日

なぜ?虫?その1

この歳になって趣味でクワカブを飼育していると言うと
決まって周囲から質問されるセリフ。

『なぜ?虫なの?』

子供が育てているというのであれば、理解されるのだろうけど
最近、ほぼ8割の人が聞いてくるんだよ。
説明するのがめんどくさくなったので、ココに書き留めて
おきたいと思う。

つー事で、現在、クワカブ飼育をめちゃ楽しんでおりますが
根底には”罪滅ぼし”という気持ちがあります。

幼年期から昆虫が好きな少年でした。
このサイト見るぐらいだから貴様も好きなんだろ?

大阪でも山側に住んでたので、自然には恵まれてましたね。
中学校校歌は”山多いなり〜♪我がいしお〜♪”
いきなり山だもんなぁ。

山を切り開いて住宅地にしたトコで、ホント、まわりに何もなかった。
コンビニなんてなかったし、本屋まで3キロ 歩いて30分以上
かかってたもん。
 それが今じゃ鉄道が延びて新駅ができ、造成地区も広がり
区画整理に住所表記変更などもあり、地名もおしゃれになっちゃって。

まぁ、そーゆうド田舎で育ちました。

小学校までの通学路は約2キロ。
この道のりをテクテク歩いていくのですが、途中に田んぼ
ミカン畑、池、タマネギ小屋(笑)遊びの宝庫です。

帰りは道草ばかりしてました。
毎日、田んぼのあぜ道に突撃し、生き物と戯れ。

ザリガニらぶ。カブトガニすいーと。

残酷なもので、トカゲを見つけたらしっぽは切るものだ。
と思ってたし、カエル弾やバッタ弾、挙げ句の果ては
トンボ弾なるものまで開発しちゃってさ。
残酷な日々を送ってましたなぁ。

そうそう。
虫好きの子供は、体験してますよね。
カマキリ卵の恐怖話。
自宅の机の中にそのまま入れっぱなしで、知らぬ間に孵化
家中カマキリだらけというヤツ。

ヤッターマンよろしくで、ミニカマキリの大行進。
『カマッ カマッ』って叫んでるの聞こえるぐらい。

私もお母ちゃんにおもいっきりどつかれましたわ。
で、最後は掃除機でブーンと・・・合掌。

虫嫌いの、かぁちゃんには地獄絵図だったと思う。

>つづく
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2002年11月20日

温室購入

とうとう温室に手をだしてしまった。

温室といっても購入したサイズは、みかん箱サイズの
小さいヤツ。

最近、自問自答している私がいる。

趣味なのか?どうするつもりだ?限度はあるのか?




答は・・・・・・まだ出ない。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする

2002年10月31日

初体験

祝! オオクワに初めて指はさまれる。


そーゆー時に限って、嫁な人が部屋に入ってくるんだよなぁ〜

『ぎゃはははっ、このオジサン クワガタに指挟まれてるよぉ〜』
と、腹を抱えて大笑いされる。(T_T)

チッ!このあまっ!
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | ガタカブ一般 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。