2005年07月02日

カブってる?

よっ!カブってるかい?
皮の事じゃないぞ。

あちこちのサイトでカブトムシが羽化したと
書き込みがあったので、うちのマット処理班を暴いてみた。

衣装ケースに満タンのマットを3割ほど取り除くだけで
♂15頭と♀1頭の羽化済成虫を確保。
今年の精鋭処理班の誕生である。

20050702.jpg

エサもあげずにすまんのぉ〜
しかし、なぜに♂ばかりなんだ?

底の方にはまだ蛹や成虫が隠れているかもしれないので
残りは出てくるまでそのままにしておく。

Photo:雑居房のカブトムシ達
夜中にブンブン飛び回りうるさいとです。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-国産カブト | 更新情報をチェックする

2002年08月30日

夏の終わり

うちのカブトはとうとう♀3匹を残しすべて☆に。

子孫を大量に残してもらったのでしばらくは
のんびり余生を過ごしてもらおうと思う。

ケースの大→小へ交換。
幼虫を大ケースへ移替え。


夏休みも今日で終わりですね。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-国産カブト | 更新情報をチェックする

2002年08月21日

孵化

こんな感じ。

20020821.jpg
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-国産カブト | 更新情報をチェックする

2002年07月16日

累代開始

暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

日記というより、あくまで記録代わりのメモ代わりなのでご無沙汰。
えー、カブトムシがとうとう10匹になりました。

大阪は暑いというより熱いという漢字が似合うぐらいの熱気だ。


カブトムシですが、マット底に卵がちらほらと見えてきた。
さぁ、累代飼育の開始だな。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-国産カブト | 更新情報をチェックする

2002年06月15日

カブトムシ到着

かぶとむしが到着しました。

最近の運送会社は生き物まで運んでくれるのか。
すばらしい会社だ。褒めてやる。

とりあえずマットに潜っているようなので、放置していたが
さすがに夜行性。夜にると、うじゃうじゃと這い出てきた。

電話では10匹ぐらい送る・・・と聞いていたのだが
結局10匹じゃなく10ペアもはいってた。

ちと多すぎる気がするが、なんだか楽しい。

エサ代・・・大変そうだな。

これはまだ序章である。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-国産カブト | 更新情報をチェックする

2002年06月10日

この歳でカブトムシ

嫁の実家から着信あり。

以前から話には聞いていたがカブトムシを趣味で飼育している
おじさん(親族)がおり、今年は1500匹ぐらい羽化したらしい。
ほしかったら送るよ。という内容だ。

なつかしいな、ほしいなぁ〜と言った言葉を覚えていてくれたらしい。
(婿殿には皆やさしいねぇ)

カブトムシかぁ。
懐かしいのでとりあえず『ほしい』と返事しておいた。


これが、この趣味の始まりである。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-国産カブト | 更新情報をチェックする