2010年06月20日

備忘録 その3

忘れない為の雑記。その3

今年の2月にブリセット開始。

3♀体制で挑んでおりましたのよ。オホホ









・・・玉砕

別血統のニョロ(2008年8月割出の個体)が、まだ3頭生存中。

あきらめません、勝つまでは。
posted by なにわ at 02:00| Comment(0) | 終了-ユーロミヤマ ケルブス | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

神は見てるよねぇ

先日羽化したおフランス産のケルブス♂

cR15936.JPG

生娘の♀2頭がまだ生存してるのに、先に☆になっちゃった。・・・ハァ。

と、テンションもダダ下がりだったんだけど

チビタラ同盟のプレ企画で当選しちゃいました。

それもでかいヤツ。
ca15807.JPG

Lucanus cervus cervus
産地:南おフランス産
累代: WF2
親サイズ:♂65×♀42
・♂77ミリ  2009年6月中旬羽化
・♂64ミリ  2009年6月中旬羽化
・♀42ミリ  2009年8月上旬羽化

これで3♀体制で累代に挑戦できます。

よしこすさーん ありがとー!!
posted by なにわ at 00:00| Comment(2) | 終了-ユーロミヤマ ケルブス | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

おフランス

前回までのあらすじは・・・

お初のケルブス(ルーマニア産)飼育はニョロ3頭中
1頭は♂と思われるニョロでしたが結局最後に☆に。
残り2頭は♀で、無事羽化したんですが、この産地って
ビダにも出品されておらず。残念ですが累代停止。

南おフランス産も3頭飼育しており、2頭がニョロで☆に。
残りの1頭が先日♂で羽化したケルブスちゃんね。

ま、最初からケルブスもそんなに簡単に飼育できるもんだと
思ってないので、羽化ズレ防止の保険のつもりで昨年8月孵化の
初令ニョロ10頭を追加してました。


で、そのニョロ達と半年ぶりのご対面。


結果、4頭消滅して4頭のニョロの無事を確認。

そうでよね、数が合いませんよね。

へへっ。♀2頭が羽化してたのだー。ウヒョ

ちと肥満気味のお腹がキュート。
keru15756.JPG

これで累代挑戦できまっせ。ウヒョヒョ
posted by なにわ at 05:00| Comment(0) | 終了-ユーロミヤマ ケルブス | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

神の啓示

生きてるんだか死んでるんだか・・・

マットから全然姿を見せないユーロミヤマニョロ

<ラベルメモ>
・2007年8月・・・割出
・2008年2月・・・12g
・2008年8月・・・13g
・2009年1月・・・13g ♀?

もう孵化後、約23ヶ月目に突入してました。

ニョロ期間は長いって聞いてたけど、さすがにダメくさい。
姿も見えないし・・・きっと死んでるんだろうな。


死んでるものと決めつけて、ブロー容器をべっこんばっこん
両手で押さえてマット取り除いてたら・・・ポロッ。


eur5086.JPG
羽化数時間とおぼしき♂

オーマイゴー!!
わお、ちょっとテンション騰がった。

サイズはダメダメですが、今回の飼育でドル○ンのアンテマットで
ニョロ飼育可とわかっただけで大収穫。
posted by なにわ at 02:00| Comment(2) | 終了-ユーロミヤマ ケルブス | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

フランス料理が必要?

昨年の9月に入手したケルブス初令ニョロ10頭。

学名 Lucanus cervus cervus
産地 南おフランス産
累代 F3
種親 ♂82ミリ×♀48ミリ
割出 2008年8月30日

到着後、いきなり菌瓶にぶち込んだまま約6ヶ月も放置。
食跡が目立たず、姿が見えなかったから・・・
という言い訳はさておき、生死確認開始。

3頭落ちてた。
最大にょろサイズ5g、残りが2g前後。

いくら低温でじっくり飼育してるとは言え、なんなんだ?
にょろ期間が長い種と聞いているが、こんなペースなのか?
ほとんど育ってない。食ってないと表現したほうがいいかも知れん。
どる○んカワラ菌床とは、合わないのかも?

マット飼育に変えてみるが、実はこのマット
別血統のケルブスにょろ(2007年8月割出)が推定5g前後
サイズのままで、まだニョロ満喫中。

このマットも・・・お気に召して頂けない可能性あり。
他のマット検討したほうがいいかな。
posted by なにわ at 01:00| Comment(0) | 終了-ユーロミヤマ ケルブス | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

羽化

我が家でお初の成虫種でございます。

蛹室も見えず、ヤキモキしておりましたが、2ヶ月間触れず、覗かず
で放置した結果、無事に♀2頭羽化。

Thanks!! Mr.三重のカズパパさん


後は♂だけ。
残り1頭のニョロが、時々姿を見せてくれていたんですが
最近見えるトコに現れなくなりました。
蛹化してますよーに。

20080828.jpg

写真じゃ何の種か、わかんねーな。
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-ユーロミヤマ ケルブス | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

大柴ルーマニア

カワラ菌瓶のニョロ達。

ルーマニアのケルブスちゃん×スリーニョロが
菌瓶インサイドでそろそろスリーマンスなのだ。
ミール跡もいいフィーリングなのでボトゥルチェンジ!

 8g→ 7g
11g→10g
12g→10g

オー!ノー!
もうナインマンスなのにオールスモールだぜ。
ベイベェー。

トゥギャザーしようとシンクアバウトしてた
おフランス産のボトゥルチェンジはもうナッシングだ。
やっぱ、某上質発酵マットがグットチョイスかも?

<ガタメモ>
ユーロミヤマケルブス
学名 Lucanus cervus cervus
産地 ルーマニア産
累代 WDF1
種親 ♂70ミリ(WD)/♀30ミリ(WD)
割出 2007年6月下旬

ユーロミヤマケルブス
学名 Lucanus cervus cervus
産地 南おフランス産
累代 CBF1
種親 ♂82ミリ(WF1)/♀42ミリ(F2)
割出 2007年8月下旬
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-ユーロミヤマ ケルブス | 更新情報をチェックする