2011年02月12日

累代停止間際・・・

で、こんどはコイツ。

昨年採れたニョロが5頭だけ。

最終的に♂4♀1というかわいげのない振分けで羽化。

こちらも虎の子1PAでブリセットしておりましたが

ニョロの姿を見ることもなく4ヶ月目に突入。

諦め気分で割出決行。


3頭だけニョロ回収。

う〜ん?♂2♀1っぽい。

<Memo>
親サイズ ♂50×♀31
ニョロ累代 F7
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-スジブトヒラタ | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

忘れてた

そろそろ飽きてきた?

でもまだまだ続くぞー。

第四弾はスジブトヒラタだ。

ほれ、ドサッとな



・・・もうね、イヤになってきたよ。

5頭しかいねぇよ。
posted by なにわ at 03:00| Comment(0) | 終了-スジブトヒラタ | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

Memo

ここ数年ダメダメのブリっぷりが炸裂中。

今年で累代停止の覚悟をしていたが、三度目のセットで

ようやく初令ニョロ発見。


<Memo>
親虫サイズ:♂54×♀34
親虫累代 :F5

posted by なにわ at 02:00| Comment(0) | 終了-スジブトヒラタ | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

Memo

<産卵セット>
基本的に材産みのようですが、マットにもポツポツ産んでます。
アンテマットに材埋めちゃえばOKだ。
柔材の方がいいぞ。

<ニョロ飼育>
発酵マットかヒラタケ菌瓶で飼育可。

サイズ狙うなら菌瓶飼育なんだろうけど、大きくなると点刻が
薄くなっちゃうので微妙なんだよ。

チビサイズの威嚇ポーズが、かっちょええ〜。

suji42.JPG
posted by なにわ at 00:00| Comment(0) | 終了-スジブトヒラタ | 更新情報をチェックする

2003年12月30日

作業

スジブト、アエノミカンス、パラワニカスノコ
各幼虫のマット交換。

<memo>
スジブトヒラタクワガタ
学名 Dorcus metacostatus
産地 鹿児島県大島郡瀬戸内町油井岳産
累代 F2

マニアさんがインセクトフェアで購入したWILDの孫。
posted by なにわ at 05:00| Comment(0) | 終了-スジブトヒラタ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。